大阪市教委は、久保校長の「提言」を処分してはならない!

 

大阪市立木川南小学校 久保敬校長に対する「文書訓告」に抗議し、

撤回を求める要請並びに質問

20218月27日

大阪市教育委員会 教育長  山本 晋次 様

教職員なかまユニオン

                                              (090-1914-0158)                   

 

820日、大阪市教委は、木川南小学校久保敬校長に対して「文書訓告」を行いました。(裏面に訓告文書)

 

 私たちは、525日付で『大阪市立木川南小学校 久保敬校長の「大阪市教育行政への提言」を支持し、市長と教育委員会がこの「提言」をしっかり受け止めることを求める 要請書』を提出し、

   今回の「オンライン(+プリント)中心の一律家庭学習」について、きちんとした総括を出すこと

    久保校長に対して、懲戒処分はもとより服務上の措置も含めた一切の「処分」をしないこと

を求めました。

  625日付回答に対する720日の市民協議においては、4月末から5月の家庭学習は、「オンライン授業ではなく、1度は接続してみてくださいということが目標だった」ことを確認し、「7/16教育長通知を出したのだから、処分嫌疑の調査は打ち切るべきだ。市教委がすべきことは処分調査ではなく、久保提言の内容に対する考えを回答・公表することだ」と要請しました。そのような経過にもかかわらず、今回「文書訓告」が強行されたことに強く抗議し、その撤回を求めます

 

 理由説明のための「事案概要」は「市長及び教育長にあてた提言において、他校の状況等を斟酌することなく、独自の意見に基づき、本市の学校現場全体でお粗末な状況が露呈し、混乱を極め、子どもの安心・安全が保障されない状況を作り出していると断じ、子どもの安心・安全に関する教育委員会の対応に懸念を生じさせた。以上のような記述を含む提言を、知人らに提供したことなどにより拡散させた。」となっていますが、まったく的外れで不当です。「拡散させた」とありますが、広く拡散したのは、この提言内容に共感した多くの市民であり、「懸念を生じさせた」のではなく、久保校長は、すでに存在している懸念(=事実)を指摘したにすぎません。これだけ共感を呼んだ提言に含まれる真実に目を向けることなく、教育委員会の対応を反省しようとしない態度こそ改められなければなりません。

 

〇 「文書訓告」は、「喫緊の課題…教員の人材確保」(2021629日総合教育会議での大森不二雄特別顧問の発言)解決に決定的なマイナス影響をもたらす誤った措置であることも指摘しておきます。学校教職員の意欲を減退させている原因として、すでに、久保校長提言で、テストの点数のみを教育目標にさせられている問題が指摘され、77日付の名田校長提言では、教職員が「黙っていうことを聞け」という状況に置かれていることの問題の指摘から「提言しやすいシステムの構築」が提唱されています。今、これらの提言に耳を傾け、大阪市人事・評価制度、給与制度等の全面的見直しが求められています。そのような時、これらの提言に一切耳をかさないと宣言するに等しい「文書訓告」発令は、教職員希望者の大阪市離れを決定的にするのではないでしょうか。文書訓告の行政措置を見直すよう強く要請します

 

 

文書訓告全文を読み、多くの疑問を持ちました。以下の質問に答えてください。 (略)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6.29大阪市総合教育会議・大森特別顧問発言

久保校長提言を比較してみよう!

  今、私たち一人一人が意見を言うべきとき!

 

2021629日、次期「教育振興基本計画」について話し合う大阪市総合教育会議が開かれました。

この場で、子どもも教職員も徹底的に競わせる大阪市の教育制度・政策を主導してきた大森不二雄特別顧問が、久保校長提言を批判して、次期「教育振興基本計画」のポイントについて発言しました。

 

(大阪市ホームページに載った6.29大阪市総合教育会議結果=提出資料と会議映像2:05:51こちら)

https://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000539177.html

久保校長提言批判の大森発言は、以下のユーチューブ映像の1:06:401:12:40

 https://www.youtube.com/watch?v=AfzL0LQ2BaE&t=3994s

 

大森氏は、徹底して競争をあおり、教職員を締め付けてきたことで、暴力行為が減り(学習環境が改善し)、テストの成績が上がったことを成果だといいます。しかし、どんどん増える不登校についてはその原因は掘り下げません。対策は、早期発見(監視の強化)とICT活用による学習保障だと。教職員のなり手がなく人材不足が誰の目にも明らかになっているのに、これまでの締め付け政策の評価、自らの責任については一切ふれません。そして、説明責任を果たすために数値で教育評価をすることが大切で、今求められているのは、「校長の方針の下で、先生方、教師が一丸となって、子どもたちに高い期待をかけ続けること」だと言っています。

 

久保校長の提言、現場の先生方の危機感を一顧だにしない次期「教育振興基本計画」策定をこのまま許していいのでしょうか。

私たちは、今、大森発言と久保校長提言を読み比べて、自分の意見を表明すべき時だと思います。「誰もが楽しく通える学校」大切にする価値・目標をもう一度そこに据えなおすべきではないでしょうか。

 

大森不二雄大阪市特別顧問の発言

https://democracyforteachers.files.wordpress.com/2021/07/omori20210629.pdf

 

木川南小学校久保敬校長の提言

https://democracyforteachers.files.wordpress.com/2021/07/kubo202105017.pdf