あなたは一人じゃない。まず相談を ♪

  090-1914-0158

教職員なかまユニオン(なかまユニオン・学校教職員支部)が運営する

学校で働く仲間のための労働相談です。

 

メール: nakama_kyoiku@yahoo.co.jp

 

電話:090-1914-0158(相談担当)

 

所在地:大阪市都島区東野田町 4-7-26 和光京橋ビル304

       (JR・京阪・地下鉄「京橋」駅、北5分)

  

ユニオン加入前に相談できます。

今すぐ、メールか電話してください。

担当スタッフが相談に応じます。

私たちは、大阪の小・中・高校・支援学校で働くなかまの労働組合です。

 

メール相談は随時(必ず返信します。)

電話相談は、月~土 午前10時~午後7時

      (出られないときは、着信記録の電話番号にこちらからかけます。)

面談相談(ユニオン事務所、等)は、要予約

 

あなたの力になれます。

秘密厳守!

相談無料♪

*ユニオン(労働組合)に加入し、教育委員会・学校長・雇用主と交渉する場合は、所定の組合費の支払いが必要です。

 

 

※ こんなことで悩んでいませんか。

 

○パワーハラスメント(職場のイジメ)やセクシャルハラスメントに苦しんでいる。

 

○解雇の問題

 -講師等で、契約期間途中で解雇通告された。

 -講師等の契約の更新がしてもらえない。

 

○労働条件の問題

 -不当な査定で給料を下げられた。

 -残業や土・日出勤、休みなしの超過勤務で心身共に苦しい、限界だ。

 -仕事上でのケガや病気の補償が無い。公務災害申請を渋られる。

 

○その他

 -子どもたちの荒れへの対応で、管理職の支援がない。

 -奨学金が返せない。

 

 

※ こんな解決例・実績があります。(団体交渉や申し入れ協議、等)

 

○ 公立高で、ワンマンな校長に追従しない教員が、授業観察をくり返されるパワハラを受け た。組合から校長への申し入れ抗議を重ね、歯止めをかけた。

 

○ 公立中・高校で、担当教科の行事に関して管理職の意見に異論を述べた講師が暴言を受け、 病休に。復帰後、年度途中での雇い止め解雇を通告された。団体交渉で、兼務の本務校での雇用を継続させた。

 

○ 私立高で、年間雇用の講師が年度途中で突然解雇通告される。団交で撤回させ、年度末までの雇用を保障させた。

 

○ 公立中学校で、任意提出の教職員評価システム「自己申告票」を校長に提出しなかった教員が、学年主任・学級担任を外され、他学年の授業担当だけに変えるパワハラ人事を受ける。校長への抗議申し入れ交渉で、本人希望を尊重した次年度人事をさせた。

 

○ 公立中学校で、卒業式での仕事分担について、その教員がどうしてもできない仕事を、よび出しを重ねて迫り、職務命令を出す。抗議の申し入れ協議を行い、パワハラで「労働安全衛生」保障義務に違反することを指摘し、中止させた。

 

○ 公立小学校で、生活背景が厳しい子どもの荒れが続いたが、校長は「学級担任の責任」と放置。校長への申し入れ協議で、学級への支援体制をとらせた。

 

○ 教育委員会主催の教科別の初任者研修で、年配の講師が「早朝出勤して、職員室の机上ぞうきんがけは、新任は当たり前だ。」と勤務時間外労働を推奨。組合が教委に発言撤回を要求し、教委から事実確認の上で、次回研修会で出席者に撤回した。

 

○ 大阪府(橋下府政)が、各府立校に配置されていた非常勤の「教務事務補助員」制度を財政赤字を理由に廃止し、全員解雇の予算案を組む。撤回要求の組合定期交渉と、広く市民にもよびかけて府庁前座り込み行動とデモに取り組んだ。

 

○ 大阪市教委が、中学校の実技系教科(音楽・美術・技術・家庭・体育)について、小規模校では担当授業時数が少ないことを理由に、2校兼務制度(曜日ごとの掛け持ち)の試行導入を強行した。組合は労働条件と子どもの教育条件の破壊に反対し、撤回を要求。本人希望抜きに発令された当該教員の声を集めて、労働・教育条件の最低限の改善についても団交で要求し、次年度からは本人希望の確認が前提の発令に変わった。

 

 

※ 私たちは、学校で働く労働者です。

 

「労働安全衛生法」は、「事業者は、・・・労働者の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること・・・を統括管理させなければならない。」と定めています。パワーハラスメントや超過勤務は、「労働安全衛生法」違反です。

 

※ 組合の団体交渉・申し入れ協議は、「労働組合法」「地方公務員法」で保障されています。

 

※ あなたは一人じゃない! まず、ユニオンに相談を♪ (次の「お問い合わせ」ページから)