( 府教委の通知です。大阪市教委は、「在宅勤務」開始当初から、非常勤講師を含めています。

 

教職企第1159

 

令和2年4月27

 

 

 

各府立学校 校長・准校長 様

 

 

 

教職員室長

 

 

 

府立学校におけるテレワーク(在宅勤務)の更なる取組みについて(通知)

 

 

 

 

 

 標記については、令和2年4月14日付け教職企第1109号により府立学校におけるテレワーク(在宅勤務)の実施について通知したところです。

 

 現行の新型コロナウイルス感染症にかかる緊急事態宣言下において、教職員の感染拡大を防止するために更なる出勤抑制を行う必要があるため、これまで対象外としていた非常勤職員を対象に加えることとしましたのでお知らせします。

 

 貴職におかれましては、所属職員へ周知するとともに、その取扱いについて遺漏のないようお願いします。

 

 

問合せ先 電話:06‐6941‐0351(代表)

 

 

 

【下記以外に関すること】

 

教職員企画課企画グループ 内線3443

 

 

 

【非常勤講師、非常勤補助員に関すること】

 

教職員人事課府立学校人事グループ 内線4742

 

 

 

【外国語指導員(NET等)、特別非常勤講師(看護師除く)に関すること】

 

  高等学校課教務グループ 内線3428

 

 

 

【看護師(高等学校)、スクールカウンセラー、スクールカウンセリングスーパーバイザー、スクールソーシャルワーカーに関すること】

 

高等学校課生徒指導グループ 内線3433

 

 

 

【キャリア教育コーディネーターに関すること】

 

  高校再編整備課新高校第2グループ 内線3429

 

 

 

【部活動指導員に関すること】

 

  保健体育課競技スポーツグループ 内線3474

 

 

 

【特別非常勤講師(看護師)に関すること】

 

  支援教育課生徒支援グループ 内線4732

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(以下は、大阪市教委の通知です。

   国(政府)が決めたので、大阪府教委も同じ方針です。)

 

 

事務連絡
令和(ママ*)2年3月6日


各 校園長 様


教職員人事担当課長
教育活動支援担当課長


新型コロナウイルス感染症の発生に伴う

     非常勤職員等の特別休暇について


標題について、下記のとおり通知します。つきましては、該当する非常勤職員等に周知をするとともに、その取扱いについて遺漏のないよう配慮願います。


  記


1 対象職種
(1) 非常勤嘱託職員等(月額あたりの報酬支給)
[教頭補助、非常勤嘱託員(習熟)、非常勤嘱託職員(給食調理員)、図書館嘱託職員、指導部所管事業の非常勤嘱託職員等]
(2) 非常勤講師及び非常勤嘱託職員(時間額あたりの報酬支給)
[非常勤講師、特別非常勤講師、スクールサポートスタッフ、部活動指導員、スクールソーシャルワーカー(SSW)等]
(3) 臨時職員(いわゆるアルバイト)
[事務職員・管理作業員・給食調理員等のアルバイト、幼稚園介助アルバイト、特別支援教育サポーター、高等学校介助補助員等]

 

2 対象となる場合
(1)検疫所長から、検疫法に基づき新型コロナウイルス感染症に感染したおそれがあ
るとして停留された場合
(2)感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づく調査の結果、
新型コ ロナウイルス感染症に感染していると疑うに足りる正当な理由のある者とし
て、当該者の居宅又はこれに相当する場所から外出しないことを求められた場合及
び当該感染症の感染の防止に必要な協力を求められた場合
(3)職員又はその親族に発熱等の風邪症状がみられることにより、感染症拡大防止の
観点から、勤務しないことがやむを得ないと認められる場合
(4)新型コロナウイルス感染症対策に伴う小学校、中学校、高等学校、特別支援学校
等の臨時休業その他の事情により、子の世話を行う職員が、当該世話を行うため勤
務しないことがやむを得ないと認められる場合

 

3 取得日数
対象者(1)・(3)・(4)については、必要と認める期間又は時間 (勤務予定日
のみ)。
対象者(2)については、濃厚接触者として外出自粛要請を受けた期間又は時間(勤
務予定日のみ) 。

 

4 給与等の取扱い
有給
※取得した日数(時間数)は、教職員人事・給与システムでの実績報告(勤務日数報告
書(日数・時 間別))時に、「有給日数(有給時間数)」として報告をおこなうこと。

5 請求の手続き請求の手続き
特別休暇願(別紙様式)により所属校園長の承認を受けること。
特別休暇願(別紙様式)により所属校園長の承認を受けること。
なお、各対象者にかかる添付資料等については、次のとおりとする。
なお、各対象者にかかる添付資料等については、次のとおりとする。
 対象者(1)については、停留期間が記載された停留決定書の写し対象者(1)については、停留期間が記載された停留決定書の写し
 対象者(2)については、濃厚接触者として外出自粛要請を受けた日時・内容等対象者(2)については、濃厚接触者として外出自粛要請を受けた日時・内容等を備考としてできる限り詳細に記載するを備考としてできる限り詳細に記載する
 対象者(3)については、休暇期間中に受診した場合は、その際に受領した領収対象者(3)については、休暇期間中に受診した場合は、その際に受領した領収書等の写し。また、休暇期間中の体温や風邪の症状等を備考書等の写し。また、休暇期間中の体温や風邪の症状等を備考としてできる限り詳としてできる限り詳細に記載する。細に記載する。
 対象者(4)については、休校となる学校からのお知らせ等、新型コロナウイル対象者(4)については、休校となる学校からのお知らせ等、新型コロナウイルス感染症対策に伴う小学校等の臨時休業であることがわかるものス感染症対策に伴う小学校等の臨時休業であることがわかるもの

6 実施期間実施期間
令和(*)2年3月令和2年3月1日から教育長1日から教育長が定める日までが定める日まで

 

本件問合せ先
(教務部所管の職)
教職員人事担当 電話:06-6208-9121・9125
(指導部所管の職)
教育活動支援担当 電話:06-6208-9181

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(以下は、大阪市教育委員会の通知です。

 

校長に見せて確認を求めて、出勤と給料・報酬支払いを要求してください。)

 

 

 

 

 

事務連絡

 

令和(ママ*)2年2月28

 

 

 

各幼稚園長様

 

各小学校長 様

 

各中学校長 様

 

 

 

教職員人事担当課長

 

教育活動支援担当課長

 

 

 

新型コロナウイルス感染症予防に係る臨時休業期間中の

 

非常勤職員等の取扱いについて(通知)

 

 

 

標題について令和(*)2年2月29日(土)~3月13日(金)までの間、大阪市立全学校園(高等学校を除く。)の臨時休業が決定されたところですが、非常勤職員等の取扱いについて下記のとおり通知します。つきましては、該当する非常勤職員等に周知をするとともに、その取扱いについて遺漏のないよう配慮願います。

 

 

 

                   記

 

 

 

1 非常勤嘱託職員等(月額あたりの報酬支給)

 

[教頭補助、非常勤嘱託員(習熟)、非常勤嘱託職員(給食調理員)、指導部所管事業の非常勤嘱託職員等]

 

・臨時休業期間中も、通常勤務とします。

 

 

 

2 非常勤講師及び非常勤嘱託職員(時間額あたりの報酬支給)

 

[非常勤講師、スクールサポートスタッフ、部活動指導員、スクールソーシャルワーカー(SSW)等]

 

・臨時休業期間中も、あらかじめ割り振られた勤務予定日については、各職の業務に関連する準備等の業務に従事していただくことが可能です。

 

・従事した勤務時間については勤務実績としてカウントし、報酬の支払い対象とします。

 

・予定していた勤務予定日について、臨時休業期間以外の日に振替や変更を行ったり、勤務を要しない日とすることも可能です。

 

・上記の取扱いについては、本人の意向等も勘案し、学校の実情に応じて判断してください。

 

 

 

3 臨時職員(いわゆるアルバイト)

 

[事務職員・管理作業員・給食調理員等の代替アルバイト、幼稚園介助アルバイト、特別支援教育サポーター 等]

 

2と同様の扱いとします。

 

 

 

4 その他

 

医療機関等にかかり、新型コロナウイルスに感染したことが確認された場合又はその他感染の疑いがあると診断された場合は、速やかに各職の所管担当にご連絡願います。

 

本件問合せ先

(教務部所管の職)

教職員人事担当 電話:06-6208-91219125

(指導部所管の職)

教育活動支援担当 電話:06-6208-9181